眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

忍びの国


「忍びの国」予告

 

映画館で鑑賞。

正直、こういう具合のエンターテイメント一直線!な邦画って、守備範囲外。

なので、特に下調べもせず、なんの予備知識もないまま鑑賞しました。

 

感想としては、「あれ、思ったよりも面白いぞ」

 

実力はあるのに、目先のお金にしか興味を示さない主人公(無門)が、様々な出来事を通して成長していく物語。歴史的には、第1次伊賀攻めが舞台になっています。

和田竜さんの原作は未読なため、どれがどの程度映画に反映されているのかはわからずじまい。

 

主人公を演じた大野智さんの演技が非常にナチュラルで、悪い意味で言えばこのナチュラルで現代的なセリフ回しであったり演技が、こういった時代劇の雰囲気とマッチしているとはいいがたく、わかりにくいたとえで言うと『柳生一族の陰謀』の悪夢がよみがえるわけですが、そこは目をつぶっておくとします。

シリアスなパートとギャグパートとの落差が非常に激しくて、そのことがこの作品自体の収まりの悪さというか、足元のグラグラ具合をさらに助長している気が。

あと、ドローンを使ったり、派手なワイヤーワークでのダイナミックなアクションシーンは確かに素晴らしいのですが、あまりにも派手なため、悪い意味で作り物っぽく見えてしまい、一部で冗談としか思えないようにも感じました。

 

とはいえ、イチ娯楽映画としての実力はかなりのもので、結構な上映時間だったにも関わらず、だらけることもなく、ずっとひきつけられていて、ホントにあっという間。

個人的に心配だった合戦シーンも、結構な迫力で、このテの映画にありがちなカット割りで人数の少なさをごまかす、ということをせず(してるのかもしれないけど)、エキストラの人数でゴリ押ししてくるあたりは結構好感が持てました。

個人的に、歴史オタクから究極のダメ人間の烙印を押されている織田信雄さんが輝いていて(甲冑姿がカッコイイ)、「ああ、あのダメ人間も輝く瞬間があるのだなあ」という感慨とともに、感動の涙が流れそうになる瞬間がありました。

 

ただ、やっぱ時代劇にしては全体のテイストがライトすぎるよね。

楽しむだけの娯楽作品としては合格点だけど、もうちょっと真面目さがほしい気がしました。作品に対しての真摯さが足りないというか。

面白いのは間違いないけど、自分が求めてるのとはちょっと違うかな?

時代劇か?というとちょっと首をかしげるけど、でも面白い映画でした。

 

個人的に、働く男の身としては石原さとみの厳しいお言葉に尻を蹴り上げられる気分です。結婚してる男性は結構あのセリフ発破をかけられると思いました。

仕事で稼げて、なおかつ仕事に対してプライドを持ってる人ってかっこいいよね。

そうあらなければ。

 

【追記】

映画の原作はコチラ

忍びの国 (新潮文庫)

忍びの国 (新潮文庫)