眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

ミュージアムの女/宇佐江みつこ

 

ミュージアムの女

ミュージアムの女

 

岐阜県美術館に監視係として勤めている著者によるお仕事四コマ漫画

 

博物館や資料館みたいなところにはいくことがあるけど、正直、美術館となると縁遠い。というか、地方の小さな市町村住まいの人ならわかると思いますが、まず、美術館なるものがない(笑)

あってもほとんどギャラリー的なもの。なので、この著者の様な”監視係”という存在を、この漫画で初めて知りました。

 

一応、マナーとして美術館ではどのようにふるまうべきか?というのは知ってたつもりだったけれど、なるほど、メモを取るときシャープペンとかボールペンはダメなのか……。勉強になったぞ。

 

とはいえ、堅苦しい話とかうんちくはなくて、監視係あるあるが並び、合間にいろんなお客さんとのやり取りや、学芸員とはどうちがうの?というお話が挟まれたり、結構読んでてあきません。

いちばんこの本で好きなところは、なんといっても著者の(著者の同僚さんたちの)美術館愛があふれんばかりなところ。

自分の仕事が大好きなのは素晴らしいな~と単純に思います。

 

美術館、というとなかなかハードルが高いわけで、眼鏡堂の様な美術の知識とかほとんどない人間ほど、余計に身構える文化施設なわけですが、案外そこで働いている人たちは「もっと気楽に来てくださいね」くらいの感覚。

なんというか、拍子抜けというか、何をそんなに構えていたんだろうと、目が覚めました。

 

ただ、岐阜県くらいの大型都市ならこういう文化的なお仕事に対して寛容なのかもしれませんが、小規模の市町村だと、こういう監視係という存在自体が許されざる者として扱われている気が……。

単純にそれはコストの問題だったり、人材不足であったり、なのだろうけど。

財政が厳しい地方ではこういうのをうらやましいと思っても、ただただ夢物語なんだなあ、とため息が出ます。

 

なにはともあれ、気軽にふらっと美術鑑賞ができる、ということ自体が文化の高さなんだろうな、と思いました。

なので、有名な作品がどうとかいうことを考えず、とりあえず美術館に行ってみよう、そして実際に自分の目でいろんなものを見てみよう、そんな風に思った本でした。

 

なによりイチバンは、サクサク読めて面白いところ。

あと、猫で擬人化されてるキャラクターがカワイイ♪