読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

魔界転生(2003年版)

映画【アクション】
魔界転生 [DVD]

魔界転生 [DVD]

 

山田風太郎による伝奇アクション時代小説『魔界転生』のリメイク。かつて深作欣二によって映画化され、その際は千葉真一柳生十兵衛沢田研二天草四郎を演じた。

魔界転生 [DVD]

魔界転生 [DVD]

 

 

さすがに深作版と比べるのは酷だろう。

というかそれは監督も重々承知しているらしく、深作版の持つ生々しい圧倒的なバイオレンスシーンはこの映画にはない。

代わりにあるのは、全体を貫くオカルト色。

正直、オイラは深作版もあまり評価しておらず、っていうか魔界転生特有の”オカルト色”が非常に乏しくて「ちょっと物足りねえな」と思わずにはいられなかったからだ。

それに比べれば、こっちは随分オカルティック。

魔界衆の瞳が十字に収縮するところとか、とてもワクワクするし、なによりあのエロティックな魔界衆の転生シーンがあるのも高評価。

 

役者陣では佐藤浩市窪塚洋介加藤雅也は雰囲気がピッタリ。

女優陣も艶っぽい麻生久美子に、はつらつとした吹石一恵とツボをついたキャスティング。個人的には吹石一恵推しなので、彼女のキュートさがバシバシなのは嬉しい限り。っていうか、単純に好きな女優が二人も出演しているだけでバンザイだったりする。

 

とまあ、なかなかのステキ具合なのだが文句がないわけではない。

 

ぶっちゃけてしまえば、まだまだオカルト不足。

足りねえんだよ、オカルトが!!

もっともっと、西洋黒魔術的なオカルト要素をてんこ盛りにして欲しかった。

実際、原作はその要素が結構地味に強いんだし。

っていうか、天草四郎の服装をソッチ系にしたのは、そういう意図があってからなんじゃないの?もうちょっと振り切れてほしかったなあ。

深作版の魔界転生で、細川ガラシャが和洋折衷な服装だったことを考えると、クララもそのテの格好をしてほしかったと思わずにはいられない。……麻生久美子には絶対似合うって!!

 

加えて、少々、脚本が足を引っ張っている印象。

完成した脚本が、というよりも作品の基礎となっているプロットに問題があるような気がしてならない。これは深作版もそうだったのだが、製作者たちがこの『魔界転生』という小説内における転生の仕組みについて理解しているとは到底思えないのだ。

深作版なら細川ガラシャ、本作なら徳川家康が完全に魔界転生の秘術を間違った形で登場している。

正直、原作があるということは原作ファンが見に来ることを当て込んでいるのだから、このへんをしっかりして欲しい。何もそれは原作に忠実にしろと言っているのではなく、原作の核となる部分だけは改編するな、という意味だ。

タイトルにもなっている『魔界転生』の秘術がグダグダなのは、ちょっとねえ……。

確かに山田風太郎作品特有のエロティシズムは大衆の観賞に耐えない、というか純粋にスクリーンにかけられねえだろ?というのは間違いない。そこを何とかかんとか頑張った結果なんだろう。とはいえ”目黒の秋刀魚”ではないが製作委員会が先回りして、自発的な自主規制を推し進めすぎると「別に山田風太郎じゃなくてもいいんじゃない?」ってなってしまう。この魔界転生も同じ結果になってる気がするなあ……。

加えて、セリフ回しもちょっと粗が目立つというか、練り込み具合が不足しているように感じた。現代的なセリフ回しと時代劇喋りとがブラッシュアップされておらず、なんだかとっても決まりが悪い。もうちょっと大仰で堅いセリフでもいいと思う。

 

そして、魔界衆それぞれがどのくらい強いのか?というシーンが又右衛門くらいしかないので、他の連中がどんくらい強いのかまったくピンとこない。

 1.魔界衆登場

 2.十兵衛に倒される

を結局延々繰り返すだけなので、意外と簡単に飽きてしまう。

出てくる魔界衆が雑魚キャラに対して圧倒的な強さを見せるんだけど、でも、相手は雑魚キャラだし。やっぱ、勝てないかもしれないほど強い相手には見えないよ。

……もうちょっと工夫が欲しかったなあ。

 

でも、それらは実は重箱の隅程度。

ガッツリ見れば気になるというか、好きだからこそ気になる部分と言った方がいいかもしれない。

真にこの映画が酷評される最大の戦犯は、間違いなくキャスティング担当者だろう。

一部のキャストはドンピシャなんだが、それ以外が余りにもひどい。

それこそ「正気か?」と疑いたくなるほどのミスキャスト。

特に唖然とするのが、宮本武蔵役の長塚京三。

長塚京三が演技力の確かな俳優なのは間違いないが、明らかに宮本武蔵という荒々しい武者っぷりからは程遠い。雰囲気も違えば、何より声色自体に違和感がある。

前作が緒方拳だっただけに、この落差は愕然だ。

「来い!!十兵衛!!」と啖呵を切る長塚武蔵は、宮本武蔵というよりは遅刻癖の治らない新入社員を怒る中小企業の係長みたいで迫力に欠ける。

どこのバカだ、こんなキャスティングしやがったのは!!

 

古田新太の宝蔵院胤瞬も結構ひどい。

迫力があるような気がするのは、単純に古田新太のガタイが良いからであって、アクションそれ自体はかなりやっつけだ。いっつも仏頂面で「早く帰りてえ」みたいな態度の俳優なんて起用するなよ!!

 

最終的に登場する徳川家康は、色んな意味で完全に間違っている。

そんな完全に間違っている役柄に起用された麿赤兒。ホント無駄遣いとしか言いようがない。まあ、あの人は見た目が怪しいので「ドンピシャでしょ?」のつもりなんだろうが、そもそも最初の時点で間違っているので、「どこがだよ!!」とツッコんでしまう。

 

色々言ったけど、そういう連中がいなくなった後からクライマックスに向けての流れは結構好きだ。

深作版は車田正美の『男坂』チックなラスト。

f:id:megane-do:20140918054125j:plain

実際、原作のラストも血潮をたぎらせるだけたぎらせといてぶっつり終わるという読後の余韻がハンパない幕切れ。

でも、何となく終わった感じがしないのも事実。

そこをきちんとしたラストシーンを用意したのは工夫以上の評価点だ。

確かに、原作とは全く違うラストシーンだけど、全体の描き方からすると”そうせざるをえないわな”というそこそこ納得のエンディング。

良くも悪くも、収まるところに収まった幕切れなので「終わった」感がちゃんとあって、観賞後はほっとする。

 

アクションシーンは旧作に比べて物足りないこと甚だしいが、その分をVFXが補っていているのでプラマイゼロ。

数ある山田風太郎映像作品のなかでは、一見さんウェルカムな感じ。

山風ファンとしては物足りないが、入口としては一番ふさわしい気がするなあ……。

それにしても、吹石一恵はカワイイなあ。 

 

【追記】

原作はコチラ。

映画の倍以上の魔界衆が登場する”オカルト伝奇バトルアクション時代劇”だ。

 

「小説かったるい」なアナタには、せがわまさきのマンガがオススメ。

ヴィジュアル化された魔界転生のなかではトップの出来だ。

十 ~忍法魔界転生~(1) (ヤンマガKCスペシャル)

十 ~忍法魔界転生~(1) (ヤンマガKCスペシャル)