読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争!<邦画バブル死闘編>2007-2008年版/柳下毅一郎,江戸木純,クマちゃん

読書【評論】
バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争!<邦画バブル死闘編>2007-2008年版 (映画秘宝COLLECTION 38)

バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争!<邦画バブル死闘編>2007-2008年版 (映画秘宝COLLECTION 38)

 

またも、不敵な笑みとともにチルーさんに貸していただく。

重ね重ね感謝の念に堪えません。アリガトウゴザイマス。

 

2007~2008にかけて、粗製乱造された”元気な日本映画”を斬って斬って斬りまくる罵声型評論集。

 

邦画に限らず、ある一つのジャンルなりムーブメントが盛り上がりだすと、多数の人間がそこに参加しだして、さらに加速度的な盛り上がりになる。

でも、そういう”バブル的な盛り上がり”っていうのは結局のところ長くは続かない。

オイラはメタルの人なので、こういうのの如実な一例としてLAメタルのムーブメントを連想してしまう。*1

本作に収録されているいわゆる”テレビ屋さん映画”の数々は今でも作られているとはいえ、非常に苦境に立たされているのは紛れもない事実だ。

あの相棒シリーズの劇場版だって最近じゃ不入りなわけで……。

今から考えると、この当時の(2007~2008)の日本映画業界は本当にどうしようもない作品ばかりをシコシコ作ってきたのだなあ、と逆に感慨深い。

 

そもそも「映画を見るのは嫌いだけと、映画は撮りたい」という意味不明な上昇志向が諸悪の根源のような気がする。

機材が安価になったこともその要因の一つだろうが、誰でも簡単に映画監督になれる、という構造そのものが悪い面でマイナスに作用しているような気がしてならない。作中で「映画監督を免許制にしろ」という言葉が(冗談交じりとはいえ)しきりに登場することからも、それは明らかだ。ならばいっそ、ハリウッドのように、”映画業界で働くためには何らかの映画に携わった経験が必要”という条項を設けてはどうだろうか?*2

最初の修行段階でふるいにかけるだけで、少しはマシになるような気がする。

松本人志ではないが、初監督作品で製作費が億単位ということ自体が間違っているのだ。最初は低予算でヒイヒイいうところから始めねば。

 

加えて言えば、対象としているものに対しての愛が大幅に欠如しているのも、この当時&最近の邦画の特徴だろう。

それはギレルモ・デルトロの『パシフィック・リム』と、山崎貴の『スペースバトルシップYAMATO』を比較すれば一目瞭然。

巨大ロボットなり宇宙戦艦というものに対して、どれだけ監督自身が信じられるのか?ということが究極にして最大のターニングポイント。それを前にしてスカしてしまったり、カッコつけてしまうともう台無し。

厨二病を恐れてはいけない。

過度の妄想も、完璧に具現化すれば世界中で大フィーバーだ。

最近だと、やはり『パシフィック・リム』や『ゴジラ』『アベンジャーズ』、そして何より『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が記憶に新しい。

それら作品がこれでもかといわんばかりに輝くのは、怪獣や巨大ロボットだのといったものを、監督やスタッフたちが心の底から信じていて、過去作品の核となる部分をドンピシャで外さないからだ。

それに比べて邦画の監督は「原作漫画と同じTシャツを着せてみました」だの「スタイリッシュにしてみました」「苦悩する主人公って、今風でいいでしょ?」という勘違いも甚だしいことをやらかしてくれる。

確かに『ダークナイト』は傑作だったが、監督のクリストファー・ノーランは次作『ダークナイト・ライジング』でガックリ評価を落としたこととか、この人たちは知らんのだろうか?

 

いろいろ文句も言いたいが、なにより「それ、本気で映画にする気かよ!?」という企画にGOサインを出すほうも出すほうだ。深夜帯のドラマですら低視聴率だったスシ王子を映画化して、いったい誰が見に行くというのだろう?

テレビはタダだが、映画はカネを払わないと見れないんだけど。

 

さんざん言いたいことを書き連ねてきたが、こんな風にダメ映画のどこがダメなのかについて論評すること自体を悪いことだとは思わない。1本の傑作の陰には99本の駄作や愚作があるものだ。

だからこそ傑作は輝く。

 

成功は犠牲の上にこそ成り立つとは、まったく言い得て妙ですな。

 

【追記】

本書に収められてる作品のうち、オイラは5本見てた。

やっぱ、『まぼろしの邪馬台国』の破壊力は傑出してますな。


まぼろしの邪馬台国 - YouTube

*1:いわゆるヴィジュアル系的な華やかなヘヴィメタルが80年代を席巻。だが、あまりにも能天気なパーティーロックに反逆するように、暗鬱なグランジやストリートのワルな香りがプンプンするガンズが登場、そして何より、華やかさとは対照的な硬派で攻撃的なスラッシュメタルの登場によりそのムーブメントは終わりを告げた。

*2:そのための映画経験を積む場として、ロジャー・コーマンのAIPやロイド・カフマンのトロマ映画がある。どちらもB級Z級映画を量産するゴミ映画工場として有名だが、ロジャー・コーマン門下からジェームズ・キャメロンマーティン・スコセッシピーター・ボグダノヴィッチジョー・ダンテジョナサン・デミといった監督が、ロイド・カフマン門下からはジェームズ・ガンイーライ・ロスといった監督がが巣立っていった。