読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

アクト・オブ・キリング

 

1965年、時のインドネシア大統領・スカルノスハルトのクーデターにより失脚、その後、右派勢力による「共産党員狩り」と称した大虐殺が行われ、100万人以上が殺害されたといわれている、9月30日事件を追った作品。

当時、虐殺に関わった者たちを取材し、彼らにその時の行動をカメラの前で演じさせて再現するという手法をとった異色のドキュメンタリー映画である。

wikiより転載)

 

以前TBSのラジオで映画評論家の町山智浩さんが取り上げていたのが本作。

その時も「これはトンデモないのがきたなあ」と思っていましたが、実際に見ると……。なんというか、ものすごい作品でした。

 

民兵組織「パンチャシラ青年団」に対して、政権が命じた「共産党狩り」。

インドネシアでは完全にタブーになってる大虐殺(民族浄化)を、加害者の側から語らせたのがこの映画。普通なら被害者から細々と語られるはずのものを、まったく逆の、加害者の視点と口から語られる事実は背筋が寒くなります。

だって、この人たち、まったく罪悪感がないんだもん。

観賞中、すぐに思い浮かんだのはポルポト政権下での大虐殺。

本作で語られる虐殺された側の人間は多分、実際に政権転覆をはかろうとした無政府主義者はごくわずかのはず。

じゃあ、殺されたのは?

「あいつらはオレ達とは違うから」という非常にあいまいな価値基準で選定された人たち。インテリ層やリベラルな政治感覚を持った人、学校の先生、医者など。あとは、「パンチャシラ青年団」からみて気に食わない、と判断された人たち。

なので、繰り返すようですが彼らは罪悪感ゼロ。

むしろ、嬉々として拷問や殺害の様子を口にします。なんでそれが可能なのかというと、この「パンチャシラ青年団」はインドネシア現政権の暴力装置であり、軍事独裁体制を確立させた英雄だから。なので、虐殺された側は極悪人で、虐殺した側が国家的な英雄という構図になっています。

だから嬉々として語るんですよ。

 

そうしてこの虐殺を虐殺として認識していなかった彼らが、映画という客観的視点によって、はじめて自分たちが行った蛮行を突きつけられる、というのが映画のハイライト。

でも、この映画で描かれていることは特別な事ではない、というのを肝に銘じておかなければ。政治の狂騒というか、一時の熱狂で流された結果、自分とは違う存在に対していくらでも凶暴&残酷になれるのが人間。

この「自分とは違う」というのは非常に便利な概念で、結果的にそれが直接的な殺人であったとしても、そのことに対して簡単に慣れてしまいます。殺人という行為が簡単に作業に変わってしまうのです。

そして、それは誰しもがそうなる可能性を多分にもっていることもまた、頭の片隅に置いておかなければなりません。

 

模範的な人が、実は……という映画で思い出したのは、D・クローネンバーグ監督の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』。

ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]

ヒストリー・オブ・バイオレンス [DVD]

 

 父親としても夫としても完璧と思えた人物は、実は過去に多くの人を殺してきた凄腕の殺し屋だった、というストーリー。まあ、こっちは劇映画なので、それなりの娯楽性で見られたのですが、「アクト・オブ・キリング」は実話だし。

いずれにせよ、この事件はそんなに昔のことじゃないし、当時の日本政府はこの共産主義狩りに対してお金を出しているという……。

 

人間が本来的に持つ無邪気な残酷さをまざまざと見せつけられるというか、結局のところ全くの他人だと思ったその瞬間に、人間は人間に対してどこまでも残酷になることができる、というのを実例で詳らかにしたのがこの映画。

しかも、そこに携わったのは特別な人間ではなくて、ごくごく普通のその辺にいる人間だということ。

非常に重たい映画だし、万人にオススメかというと、違う気が。

でも、これは一つの指針として観ておいた方が良い。そんな作品でした。

 

現在はこの続編的位置づけである、被害者の側から語った9月30日事件についてのドキュメンタリー「ルック・オブ・サイレンス」がDVDになっているので、併せて見てはどうでしょうか?

ルック・オブ・サイレンス DVD

ルック・オブ・サイレンス DVD

 

 

【追記】

アクト・オブ・キリング」「ルック・オブ・サイレンス」ともに町山さんの解説がわかりやすい。


町山智浩が映画『アクト・オブ・キリング』を語る


町山智浩 ルック・オブ・サイレンス 『アクト・オブ・キリング』を被害者側から見つめ返す

 

あわせて、「アクト・オブ・キリング」公開後におきた2、3のことについては、宇多丸さんの解説から。


宇多丸が映画『アクト・オブ・キリング』を語る