読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

この世界の片隅に/こうの史代

 

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 
この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

 
この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

 

 眼鏡堂書店をご覧のみなさん、眼鏡堂主人です。

今回取り上げるのは、こうの史代作の『この世界の片隅に』です。映画が大ヒットして事でおなじみですが、今回は映画ではなく原作の漫画についてつらつらと書いていきます。

 

この世界の片隅に』のあらすじ

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

公式サイトより転載)

 

この世界の片隅に』と『火垂るの墓

日常を舞台に戦争を描いた作品として思い浮かぶのは『火垂るの墓』。

ただ『この世界の片隅に』を『火垂るの墓』と同じ路線の作品と判断するのは、ちょっと気が早すぎる気がします。たしかに、両作品とも同じ戦時中を描いてはいますが、『この世界の片隅に』はもっと日常に寄り添った作品で、”戦争”というものが物語にそれほど強く作用しているようには感じません。

実際、描かれるのは”戦時中の市民がどのように暮らしていたか?”です。

戦時中の物語というと灰色の暮らしとして描かれるのが常ですが、この作品は全く逆のほのぼのとして牧歌的な雰囲気があります。ただ、そんなほのぼのとして牧歌的であるからこそ余計に、空襲による突然の死の残酷さが際立ってきます。

 

戦争は良くない!

戦争は悲惨だ!

という紋切り型の主張よりも、あえて一歩引いた表現で描写してくることが、余計に強く伝わってくる気がします。

ま、それはそれとして。

 

戦争について書いた(書かれた)作品は多々あれど、実際の戦時下の生活について書かれた作品となるとかなり少ない気がします。資料的に描かれたものはあるにせよ、それは資料の域を出るものではないし、正直見ていて(読んでいて)楽しいものではありません。

それに比べると『この世界の片隅で』は、そこがエンターテイメントとして成立しているのが稀有な点。なるほど、映画もヒットするわけだ。

戦争を扱った作品特有のじめっとした湿っぽさや暗さとは無縁。

ひとつの作品として十分に楽しめる漫画です。

 

この世界の片隅に』は何があるのか?

読了後に真っ先に感じたのは、たとえどんな時であっても必ず明日はやってくる、ということ。

希望に満ちた日でも、絶望にあふれた日でも、必ず明日がやってくる。

それがどんな明日なのかは、明日にならないとわからない。

東日本大震災が遠い過去になりつつある今現在、たとえどんな時であっても必ず明日はやってくる、というメッセージはもういちど立ち返って考えるに足るものの様な気がします。

 

それはそれとして大変よいのですが、この時代を扱ったほか作品と比較してみると、まあ本作が浮くこと浮くこと(笑)

昭和20年~敗戦までを描いた作品、それも眼鏡堂セレクションだとこんな感じ。

はだしのゲン

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻

 

 【仁義なき戦い

仁義なき戦い Blu-ray BOX (初回生産限定)

仁義なき戦い Blu-ray BOX (初回生産限定)

 

 【出撃は遂に訪れず(われ深きふちよりに収録)】

われ深きふちより (1977年) (集英社文庫)

われ深きふちより (1977年) (集英社文庫)

 

 【神聖喜劇

神聖喜劇〈第1巻〉 (光文社文庫)

神聖喜劇〈第1巻〉 (光文社文庫)

 

 

なんとも血なまぐさいラインナップになりましたが、えてしてそんなもんだ。

 

ちなみに、『この世界の片隅に』は人間の死の描き方がかなりドライ。それも突出した特徴かも。