眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

セデック・バレ

セデック・バレ

セデック・バレ

 

海角七号/君想う、国境の南』のウェイ・ダーシェン監督による、台湾・香港・日本の合作による歴史大作。一九三〇年に起きた原住民族”セデック族”による最大規模の武装蜂起事件『霧社事件』を巡って、セデック族と日本軍との血で血を洗う凄惨な戦いが描かれます。

 

眼鏡堂はこの”霧社事件”について、台湾のブラックメタルバンド”ソニック”の日本デビューのアルバム『サイディック・バレイ』で知ったのですが、ごく一般的にはこの『セデック・バレ』で初めて事件の概要を知ったことと思います。

それはともかく、全二部作合計4時間半、しかも登場するセデック族は本物のセデック族の人たちを出演させ、なおかつ製作総指揮はあのジョン・ウー監督というこの恐るべき映画について、すごく衝撃を受けたと同時に、改めて文明のもたらす功罪について考えさせられました。

 

 

 

確かに、彼らセデック族は文字を持たず、非常に原始的な暮らしをしていることは事実で、彼らの民族的な風習である出草、つまり首狩りは私たち文明社会の側からみれば野蛮極まりないものではあります。しかし、セデック族にとってその首狩りは面白半分に行われる蛮行などでは決してなく、一人前の真のセデックの一員になるためだけでなく、死後先祖の住む虹の橋を渡るための証に連なる非常に重要な儀式です。*1

それにも関わらず、彼らの生活とは全く無関係な領域からやってきた日本人は一方的に彼らの生活圏を奪ったにとどまらず、彼らの誇りにつながる風習さえも一方的に禁じてしまいます。同時に、台湾が下関条約の締結によって日本へ割譲されたのを根拠として、セデック族への急速な文明化が強制的に行われます。

その抑圧の結果起こったのが、霧社事件

1930年10月27日、霧社地区の小学校で行われた運動会を、武装ほう起したセデック族が襲撃。日本人134人が首を狩られました。ちなみに、女子供問わずです。

当然のように、日本軍によるセデック族への報復が始まるのですが、もうこっからは悲劇と凄惨な地獄の連続。

かつて、明治時代に集落の女子供を人質に取られて服従させられた経緯があるためか、日本との戦闘に赴いた男たちの足手まといにならないよう。次々に首をつって自決していきます。また、日本側はセデック族同士を戦わせて事態の収拾を図ってくることによって、男たちの戦いもより一層の地獄の色合いを強めていきます。

この全く救いようのない地獄のような物語の中で、心をつかまれた人物が花岡一郎。

彼はセデック族なのですが、日本人として育てられ、日本人として暮らしています。

でも、彼の出自はセデック族。日本人からは野蛮人として軽蔑され、セデック族からは裏切り者として距離を置かれます。そして霧社事件によって魂が引き裂かれていく様は直視に堪えません。

頭目のモーナ・ルダオからの問い、「お前が死んだらどちらに入るのだ?日本の墓か?それとも先祖の待つ館か?」。これに最後まで答えることができす、引き裂かれたまま自ら死を選ぶまでの流れは胸が締め付けられるような苦しさがあります。

 

結局、セデック族は日本軍の近代兵器と圧倒的な兵力差の前に敗れ去ってしまうのですが、例えば映画『300』のような爽快感は一切ありません。

フィクション色が強い『300』に対して、やはり日本が直接的にかかわり、その無知と無理解によって引き起こされた悲劇であるということが余計にカタルシスを消し去っているように思えます。

 

なんといってもこの作品で考えさせられるのは、文明は本当に人を幸せにするのだろうか?ということ。

確かにセデック族は文明とは無縁の暮らしをしていますが、それは文明化されていないということであって、彼らの生活が文明人と比較して劣っているわけではありません。

にもかかわらず、文明化されていない=文化が劣っている、と信じて疑わなかったことを発端に、文明化”してあげる”ことで彼らも幸せになる、という結論ありきで行われた様々な政策が、結果としてこの凄惨な地獄へとつながってしまったように思うのです。

世界中の隅々までを、コーラとハンバーガーとナイキで埋め尽くせばみんなが幸せになるのか?というと……。

 

セデック族にはセデック族なりの、彼らの言うところの野蛮の誇りがあり、それが日本側の司令官のセリフと一対になっており、それが「文明は本当に人を幸せにするのか?」ということについて、改めて考えさせられます。

 

「文明が我々に服従を強いるのなら、我らの野蛮の誇りを見せてやる」

「せっかく文明を教えてやったのに、反対に我らを野蛮にさせおって……!」

 

 

なにより、最終的に眼鏡堂の脳裏に浮かんだのは、映画『食人族』における最後のセリフ。

 

「食人族と文明人、本当に野蛮なのはどちらなのだろう?」

 

以上、おわり。

追記

今回引用した作品群はコチラ。

海角七号/君想う、国境の南 [DVD]

海角七号/君想う、国境の南 [DVD]

 
サイディク・バレイ(DVD付)

サイディク・バレイ(DVD付)

 
300〈スリーハンドレッド〉 [DVD]

300〈スリーハンドレッド〉 [DVD]

 
映画パンフレット 「食人族」 監督 ルジェッロ・レオダート

映画パンフレット 「食人族」 監督 ルジェッロ・レオダート

 
霧の蕃社

霧の蕃社

 

 

 

 

 

 

*1:南方文学の提唱者である中村地平でさえ、霧社事件を扱った『霧の蕃社』のなかでヒポ・サッポの出草の理由を”女に振られた憂さを晴らすため”と書き記すなど、セデック族の風習については未開人の野蛮な風習という物珍しさばかりを先行させ、この風習の背景について理解しようとはしていない。