眼鏡堂書店

積み上げられた未読本の消化と、ホラー映画100本ノックを目指すブログ。不定期更新のゆるゆるです。

ゴジラ365日/野村宏平・冬門稔弐

ゴジラ365日 (映画秘宝COLLECTION)

ゴジラ365日 (映画秘宝COLLECTION)

 

 ゴジラを筆頭に東宝特撮映画の劇中で起こった出来事や、現実の映画制作進行、怪獣映画に出演した俳優や声を当てた声優の誕生日、果ては怪獣関連の出版物やゴジラをパロディーとして登場させた作品の刊行日までを網羅し、日めくりカレンダーよろしく日付順に整理したムック本。作者&編集者の気の狂ったような偏執ぶりが楽しめる一冊です。

 

労作も労作なのは違いないのですが、正直なところ、良きにつけ悪しきにつけ、上記した以外の感想はあまりありません。また、怪獣ファン以外へのアピールは限りなくゼロ。労力のわりに、好き嫌いというか、興味の有無がぱっくりと割れるため、内容が薄いという評価もむべなるかな。

その一方で非常に奇妙な魅力があることも事実。

フィクション上の出来事と現実の出来事とが同一に扱われ、なおかつ全く分け隔てなくページに収まっているため、今こうして自分が読んでいる情報は架空の出来事なのか、それとも現実の出来事なのか、そんな疑問さえあいまいになってくるのです。

 

某読書会でも紹介したのですが、そこで新たな楽しみ方が爆誕!!

それは誕生日とかで調べて、掲載されている情報にポイントを割り振り、その合計点数を競うというもの。

ちなみに読書会の日は7/22だったので調べてみると、掲載されていた情報は”ファロ島でキング・コングを捕獲*1”。さすが主催者!!50ポイントゲット!!

……まあ、お酒でも飲みながらゲラゲラ笑ってみんなで回し読みする類の本なので、何がどうということはありません。

夏といえば、怪獣!!以上、おわり。